「ベンチャープロジェクト研修会」のご案内

テーマは、『ベンチャープロジェクトの企画・計画・実施・評価』
「“プログラム”と“プロジェクト”の違い」「目的と目標の設定方法」など基本から研修します。

参加対象はベンチャー隊指導者のみと致します。
新型コロナウィルス対応下のため、少人数で実施したくVS隊指導者以外はご遠慮させて頂きますのでご承知願います。

『stayhome(スティホーム)プロジェクト』実施について

我々スカウト運動の最終的な目的は「世界平和」であります。本事業は、新型コロナウィルス対応下でのスカウト活動を模索し、滋賀連盟で取り組む事業となります。本事業は、世界スカウト機構(WOSM)Messengers of Peaceグローバルネットワークサイトへ登録し実施していきます。

現状、世界平和のために我々が出来る事は、新型コロナウィルス「うつらないうつさない」であり、「不要不急の外出をしない」ことです。この「不要不急の外出をしない」ことを皆で宣誓したいと考えます。

宣誓は簡単です。「僕は(私は)家に居ます」をピーアールすべく、写真を撮ってSNSへ投稿するだけです。(詳細については添付資料を参考ください)

滋賀連盟が『stayhomeプロジェクト』を実践し、その先にある世界平和を目指しましょう。尚、本事業は強制するものではありません。自主的に発信するものと認識し取組みお願い致します。

コミッショナー通信

「新型コロナウイルス感染への対応下での活動」について(県連盟コミッショナーより)

我々は青少年教育運動であり、「コロナ対策のために活動中止です」で終わったままで良いのでしょうか? 活動自粛時以降、隊長はスカウトへなんらかのアプローチを行っていますでしょうか?隊指導者へのヒントになればと思い発信しました。参考まで!!

2020年ジャンボリー ・オン・ジ・インターネット 特別版の開催について

【日本連盟より】

新型コロナウイルス感染拡大に関して、世界的にも学校休校や多くの活動の自粛といった課題に直面しており、多くの子どもたちが新しい友だちを作ったり、楽しく遊んだりと、私たちのスカウト活動ができなくなっている状況です。
世界スカウト機構では、世界的なこの課題に対して、特別版のJOTI Jamboree on theInternet ) を開催することとなりました。日本連盟においても、本プログラムを各団や地区、県連盟の事業として取り組んでいけるよう、各種情報発信を行ってまいりますので、貴県連盟内にこの事業をご周知くださるよう、お願い申し上げます。
世界をみると、スカウト活動を学校の活動の一部として取り組んでいる国もあり、このJOTIを活用することで、学校やスカウト活動に参加できないスカウトが安全に繋がることができる取り組みが実現できます。また、国内スカウト活動のひとつの形として取り組んでいただけます。
具体的なプログラムや今後のスケジュールなど、その他の詳しい内容につきましては、添付の実施要項 、ならびに日本連盟Webサイトをご確認くださいますよう、併せてお願い申し上げます。

台湾嘉義県連盟との国際交流事業スタート

ベンチャースカウトの目標に掲げている「国際組織の一員として、国際活動、国際協力について学ぶ」事を前提に、本交流を通して国際理解を深めるとともに、自分自身は 「何が出来るか」を考える“きっかけの場”とすることをもって目的とする。

2020年1月21日、嘉義県連盟・滋賀連盟、双方がMOU調印致しました。嘉義県連盟の皆様に感謝申し上げます。

2019年第6回 セーフ・フロム・ハームセミナー 「危害から守る」

滋賀連盟ではボーイスカウト運動に関わる全指導者を対象に、参加者がボーイスカウト運動における「思いやりの心を育む教育」を理解し、今後の活動に活かすことを目的としてセミナーを開催します。 万障お繰り合わせの上、ご出席いただきますようご案内申し上げます。

日時:令和2年1月18日(土)受付13時                場所:多賀町 林業会館

別紙申込書により各団でとりまとめの上、 1月10日(金)までに 滋賀連盟事務局あてメール又 は FAX でお申し込みください。

『動画コンテスト』開催します!

ボーイスカウト活動が、もっと見えるようにならないか。そして、 昨今の中学生や高校生の「将来の夢はユーチューバー」との回答を耳にします。 これらを鑑み、下記の動画コンテストを開催致します。皆様からのたくさんの応募をお待ちしております!!             ※募集条件や注意事項をよく読んで取り組んでください。

<音源使用について(著作権の保護)>             【演奏や複製、インターネット配信などの方法で、音楽や漫画、小説、絵画などの作品(著作物)を利用するときには、事前に、その作品を創作した人(著作者)等から、利用の許諾を得る必要があります。著作物は自然に生まれるものではなく、作詞者や作曲者をはじめ、それぞれの著作者たちが労力をかけて創作するものです。著作者にとって、多くの人に自分の作品を楽しんでもらうことは喜びであり、新たな作品を創作する励みにもなります。同時に、創作した著作物が利用されるときに正当な対価を得られることも、創作に携わる人たちの創作活動や暮らしを支えるためにとても大切です。また、次の世代が創作を志すインセンティブともなります。(一般社団法人日本音楽著作権協会ホームページより引用)】 作品を創り出した人の思いをしっかりと守り、音楽文化を未来へとつなげるためには、一人ひとりがしっかりとこのことを意識することが大切です。 本コンテストへの応募を機に、著作権などについて学び、権利を侵すことがないよう映像制作をお願いします。本コンテストでは、以下の方法で音源を使用することができます。        ①自作のもの                           ②著作フリーのもの                        ③市販の楽曲を自分たちで演奏または歌っている(③自分たちで歌う場合については、YouTubeにアップロードする場合に限り問題ありません。)

2019年10月 滋賀連盟理事会承認

2019年第5回 セーフ・フロム・ハームセミナー 「危害から守る」

滋賀連盟ではボーイスカウト運動に関わる全指導者を対象に、参加者がボーイスカウト運動における「思いやりの心を育む教育」を理解し、今後の活動に活かすことを目的としてセミナーを開催します。 万障お繰り合わせの上、ご出席いただきますようご案内申し上げます。

日時:令和元年12月8日(日)受付13時30分             場所:草津市青地町「西方寺」

別紙申込書により各団でとりまとめの上、 11月30日(土)までに 滋賀連盟事務局あてメール又 は FAX でお申し込みください。

新スカウトハンドブックの発刊

ボーイスカウト部門の新しい進級課程に対応したスカウトハンドブックを10月15日に発刊いたしました。 品名:ボーイスカウトハンドブック ベーシック  品番:61037  価格:1,200円(税込)  サイズ:A5判 432ページ

滋賀連盟事務局でもご用意しております。至急お買い求めいただくとともに、熟読の上、スカウト達へのご指導をお願い致します。