2021年8月アーカイブ

 

9月4日の浅柄野整備は中止となりました!

 令和3年9月4日(土)に実施を予定しておりました浅柄野野営場の整備につきまして、直前の変更で申し訳ありませんが、中止とさせていただきますので、ご連絡申し上げます。
 
この作業は屋外においてお互いが十分に距離をとって行っているものであり、感染の心配はかなり低いと認識はしておりますが、県内の新型コロナの感染拡大状況を見た時、その防止に私たちも少しでも協力する必要があると考ます。
 不要ではありまでんが、研修コースや活動の中止によりとりあえず「不急」となったものと判断し、この際、作業の「中止」を決定したものです。
 なお、8月29日(日)に管理棟の裏におきまして、水道管の漏水が確認されました。修理を試みたものの、現時点で復旧には至っておりません。そのため現在、水道メーターボックス内の止水栓を閉じております。トイレも含めて野営場全体の水道が使用できない状態となっておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

---------------------------------------------------------
浅柄野野営場の整備につきましては、いつも熱心にご奉仕いただき、本当にありがとうございます。
おかげをもちまして、私たちの野営場の環境も良好に保たれていると実感しております。
さて、9月の作業につきまして、下記のとおり計画しておりますので、ご協力・ご奉仕をよろしくお願いします。
期 日  令和3年9月4日(土) 9:00~11:00
内 容  広場、テントサイト、スカウトハウス周辺の草刈りが中心になると思います。
○ 野営場全域、金勝興業事務所の周囲等の清掃
○ テントサイトやセレモニー広場の地面の整備、草刈り
○ 生け垣等の剪定
○ 研修所開設等を見据えた環境整備、他
※ 草刈り機等の使用につきましては、「安全確保」をよろしくお願いします。
参 加  県・地区役員及び、加盟団1名以上での参加をお願いします。
服 装  軍手・作業帽等、上記の作業に相応しい服装
持 物  スコップ・なた・のこぎり等、上記作業用の道具をお持ちの方はお願いします。
飲み物  ペットボトルのお茶を準備します。
※ お願い 新型コロナ感染拡大防止のため、スカウトの参加は取りやめていただくようお願いします。
※ 参加予定者の連絡は不要ですが、参加者の記録は残します。

令和3年度の夏期の事務局業務体制について、下記のとおりご案内いたします。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。 

通常事務局業務日   月・水・金  9:00~16:00

  8月 9日(月) 山の日の振替休日

  8月11日(水) 通常業務 9:00 ~ 16:00

  8月13日(金)~16日(月)   お盆休業

  8月17日(火) 通常休業日

  8月18日(水)から通常体制 (月・水・金 9:00~16:00)

 以上

R3夏期事務局体制.pdf  

キャンプ等屋外プログラムでの注意喚起

 この7月下旬に、浅柄野野営場におきまして、キャンプ活動中のスカウトがマダニにかまれるという被害が発生したとの報告を受けました。その後、医療機関により適切な処置がなされたということですが、今後このエリアで活動されるケースも多いと思われますので、情報を共有すると共に、改めて全般的な注意を喚起させていただきたいと思います。

 各位におかれましては、かねてから活動中の安全には十分配慮して対策をされていることと存じますが、マダニをはじめ、スズメバチやマムシなど、屋外での生物による危険も数多く存在しております。事前の対応が難しいものもあるとは思いますが、各指導者が事前に「予防策」や「対応策」を十分に研究され、スカウトの安全行動やプログラムの安全対策に有効に取り入れていただきますよう、よろしくお願いします。

【予防】 以下の点に注意すること。

  1. 長袖、長ズボン、長靴、手袋を着用し、肌の露出を減らす。
  2. 皮膚の露出部位にはダニ忌避剤(ディート、イカリジン)を外用する。
  3. 脱いだ上着やタオルは、不用意に地面や草の上に置かない。
  4. むやみに草の上に座ったり、寝転んだりしない。
  5. 体に付いてすぐに吸着するわけではなく、何時間もかかって吸着を開始するので、帰宅後はすぐに入浴し、ダニやツツガムシを洗い流す。特に皮膚のやわらかいところや隠れやすいところは念入りに洗う。
  6. 衣類に付いているかもしれないので、衣類は屋内に持ち込まない。脱いだ衣服はすぐに洗濯する。
  7. からだにくっついているダニをみつけたら虫体を破損させないように、先のとがったピンセットなどで引き抜いてみる。あせって指でつまみ取らないように。このとき、必ず皮膚に咬みついているあごの部分をはさんで慎重に、丁寧に除去する。もしその一部でも残してしまうと後に症状をきたすことがあるので、直ちに医療機関を受診すること。
【参考】スカウトライブラリー 野外活動における救急手当て 救急法(改訂版2019)P.145~147 「3.ダニ咬傷・ツツガムシ病」より転記