令和3年新年スカウトフォーラムのご報告

2021年1月25日

令和3年1月9日(土)に県内ベンチャースカウト対象のスカウトフォーラムを開催いたしましたので、ご報告いたします。

この新年スカウトフォーラムでは、昨年11月開催の「第23回全国スカウトフォーラム」での「フォーラム宣言」を受けて、滋賀連盟のベンチャースカウトの「活動スローガン」を決定しました。「全国スカウトフォーラム」には昨年9月の「滋賀連盟スカウトフォーラム」にて滋賀連盟代表に選出された草津第17団VS宮﨑柱汰さんが参加されました。別紙にまとめましたので、各団ベンチャー隊におかれましてはぜひベンチャープロジェクトの展開にご活用いただきたく、よろしくお願いいたします。

なお、本年9月にも「滋賀連盟スカウトフォーラム」の開催を予定しております。改めてご案内をいたしますので、ベンチャースカウトのみなさんのご参加をお願い申し上げます。

日  時:2021年1月9日(土) 10時~14時

開催方法:オンライン会議サービスZoom

参加者:合計12名

VS 6名=草津第17団1名、甲賀第1団5名

     発表・進行:草津第17団VS宮﨑柱汰

     RS(オブザーバー)1名=草津第14団小林祐輔

     指導者=スカウト委員会(羽田、森口、佐藤、田中)、大塚県副コミッショナー

【フォーラム宣言】第23回全国スカウトフォーラム:2020年11月21日(土)~23日(月・祝)

ベンチャーウィーク ~持続可能な地域社会のために〇〇をします~

スカウトが中心となり、地域社会と連携して、みんなで各地域の問題を解決しましょう。

 ⇓

【滋賀連盟の活動スローガン】令和3年滋賀連盟新年スカウトフォーラム:2021年1月9日(土)

SDGsを共存共栄で

~琵琶湖についての問題の改善や,滋賀県に身近にある社会貢献をやりやすいものから積み重ね,地域とのかかわりを深めていこう~

琵琶湖と共存,社会と共存するために、SDGsを身近なものとしてとらえ、しっかり遂行する、という意味で「SDGsを共存共栄で」とした。

スカウトが中心となって社会連携し地域問題を解決するために、解決すべき課題を具体化し、フォーラム宣言に絡めてどのように解決するかを話し合った。(下記の表)

・スローガンは短く分かり易くし、方向性を示すためにサブタイトルで具体的に説明した。

地域問題を解決するために解決すべき課題を具体化

具体的な課題スカウトが取り組める解決策
防災 ・防災設備の操作技能 ・非常時における対応のスキル ・地域ぐるみでの情報の共有防災イベントの実施、参加 ・地縁団体との協働  
ごみ ・公共政策の対応 ・人々のモラル一般市民の興味を引くゴミ箱の設置 看板の設置  
交通事故・交通違反 ・高齢者に関連した問題 ・自転車,歩行者について看板 →守らなかった場合に関することを表記する 講習会
伝統文化・継承に関する課題 ・担い手の高齢化PRして興味を持ってもらい,伝統を絶やさないようにする
高齢者の介護の問題 ・介護費用 ・従事者の減少(VSとしては直接の解決策はなさそう)
新型コロナウイルスに関する課題 ・マスク着用 ・地域イベントの機会の減少配布,声をかける 具体的な効果をポスター,SNSなどによって共有する. →守らなかった場合に関することも表記する

この具体例を参考に、ベンチャープロジェクトの展開に活用していただきたい。